2014年07月28日

帰路の中央線風景

通路奥
空いては居れど
防波堤
発車間際の
乗車妨ぐ

スマホして
肩肘張って
場所を取り
他の窮屈に
我は関せず

若者等
哄笑し居り
ドア前で
無神経さが
売りと許りに

ぶらん、ぶらん
あちらこちらに
オラウータン
揺れては落ちて
薄目開けり

割り込みて
我先に乗り
席に着く
矩を超えずは
今は昔か
posted by 碌 at 09:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

朝の中央線風景

乗り換えだ
ドアに群がり
位置を取り
開くや否や
我が先也

乗り換えの
車輌に着きて
見渡せば
僅かに有りき
席を奪わむ

ドン、ドドン
人を掻き分け
Dパック
オーバーハングで
被害続出

健常者
許り寝て居り
優先席
彷徨える老婆
気付かぬ振りして

優先席
先に座れば
優先席
後はい寝れば
それで善き哉
posted by 碌 at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

初老賦

軽い尿洩れ

進む老眼

はたと気付けば

加齢臭なり

呆けも来たかと
畏れおののく

呆けも来たかと
畏れおののく
posted by 碌 at 13:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

早春賦(役員車運転手・ハイヤー版)

1.春は名のみの 袖の寒さや
  黒の駕籠かき 銭は思えど
  時にあらずと 声も立てず
  時にあらずと 声も立てず

2.景気上向き 葦(あし)は角(つの)ぐむ
  さては時ぞと 思うあやにく
  今日もきのうも 仕事少なし
  今日もきのうも 仕事少なし

3.春と聞かねば 知らでありしを
  聞けば急かるる(せかるる)
  銭の思(おもい)を
  いかにせよとの この頃か
  いかにせよとの この頃か
posted by 碌 at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

茶絣(待てば茶色の便り有り)

一波二波
凌いで至る
小房に
着座なるまで
決して緩めじ

座は良いか
残りは無いか
紙あるか
事致すまで
備え抜かるな

安らかに
慌てず静かに
裾まくり
そろりと腰を
座に近づけむ

弁出さむ
返り無きやう
忍びつつ
今開け放つ
真中の門

出し切りて
洗いて
拭いてまた拭いて
ぬかりは無いか
いらじ茶絣

燦々と
心は晴れて
身も軽し
異な心持ち
真中付きたり
posted by 碌 at 21:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

中年の泉

履き込みと股上浅し、危うけり、慌てずゆっくり出すが宜しい

慌てるな、括約筋が緩んでる、見込み発射は漏水の元

振り切った、積もりで仕舞い股伝う、温き心地のここだ哀しき
posted by 碌 at 16:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

小作駅の朝の下りエスカレーターを嘆じて詠める

小作駅
エスカレーター
揃えなさい
朝は通勤
二本上りじゃ
posted by 碌 at 05:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

拝島にて接続待ちで詠める

青梅線
拝島停車
長すぎじゃ
本末転倒
八高線待ち
posted by 碌 at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

実車前に車が汚れ、思わず詠める

止めてくれ!
尻から汁を
垂れ流し
車路の上なる
水屋の車

こちらは昨日
洗ったばっかり

関越を
塩水撒いて
走るなよ
何かと見れば
やはり水屋だ!

今日はピーカン
跡になるだろ!
posted by 碌 at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

耳栓を忘れ、阿佐ヶ谷にて、語呂合わず

耳栓を
忘れながらも
まどろめど
引き戻されて
ここは阿佐ヶ谷

幸せな
父母子(おやこ)の会話が
これほどに
邪魔かと思う
朝の痛勤
posted by 碌 at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

如月廿日余り七日

雨冷えて
梅散らしなる
なごり雪
あずまの京に
止まずもあらなむ

うちきらし
雪は降りつつ
しかすがに
寄居の梅に
鶯鳴くも

寄居なる
槇立つ沢の
なごり雪
降り敷くことも
叶わざりけり
posted by 碌 at 20:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

仮の宿り

刻一刻
身を養わむ
時ぞ減る
浅き寝覚めの
勤めの朝

また同じ
勤め始まり
日一日
指折りこなし
区切り目指さむ

勤め終え
望みの郷に
戻れども
住み安からず
迂闊を嘆く

旅なれば
現し身漂う
水面にて
しばし留めむ
仮の宿りに

春はまだ
遠き青梅に
安らがむ
お湯に浸りて
有明の月
posted by 碌 at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

夕暮れの三田から雑詠

乳酸菌
取るのは良いが
ピルクルは
四十過ぎには
ちと多過ぎる

健康に
飲んだピルクル
夕暮れに
後が怖いよ
腹はたぷたぷ

横断歩道
疎らにゆっくり
渡ろうよ
車尻目に
気分大名

横断歩道
耳に携帯
左にスタバ
みんなで渡れば
オープンカフェ

するならば
しやがれ渋滞
我歩き
乗っていなけりゃ
そんなの関係ねぇ


 最近、連歌の記事が多いですが、頭に言葉遊びしております。これが結構待機の余暇と頭の運動になることに気付きました。
posted by 碌 at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

自転車メール便行状

メール便
自転車漕いで
中央線
貴方一人で
百の迷惑

命懸け
車を縫って
駆け抜ける
貴方はテクで
車回避で

分からない
車線を走り
歩道なり
貴方本当は
車輌なんだが

車より
人より偉い
俺様は
天下無敵の
今早飛脚
posted by 碌 at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

丸の内馬場

朝まだき
馬場の支度は
忙しけり
立つれば閉ずる
戸板暇なし

いと可笑し
馬場に流るる
水の音
戸板と交じり
絶うる暇なし

運試し
それを叶うる
馬場の朝
当たり目指して
いざ練り歩くらむ

得難けり
朝のきっと
便りなり
確かなりせば
身を助くらむ

大いなる
事のなるべし
応えあり
今日は一日
首尾は上々
posted by 碌 at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

花椿通雑景

花椿
数奇屋交わる
たこ八は
夜半近けれど
徑有りけり

酔客の
合わせ開ける
宵の気は
梅には早し
七日なりせば

物足りぬ
袖引き合へる
千鳥足
夜半の畄まり木
渡り歩けり

道理無し
時の定めは
法度なり
過ぐる籠あり
留まる籠あり

玲瓏と言えぬ
気なれど
いと遅し
便り無ければ
家路難し
posted by 碌 at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

暮れの家移り、河辺の梅の湯

明けまして
去年の家移り
悔やみけり
青梅の宿は
法度難し

今一度
移らまほしき
家なれども
先立つものの
無きぞ哀しき

移らばや
同じ青梅と
思ほへど
費え蓄う
時を待つらむ

得難けり
青梅の河辺の
駅の北
人の徑なす
お湯ぞ湧きける

遅かれど
今に行くらむ
お梅の湯
七日過ぐれば
価軽ろけり
posted by 碌 at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

家移りに際して

我を張りて

孤高の積もりが

爪弾き

凡夫の肩に

霜照至れる
posted by 碌 at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

郷を離れむとして

みちのくの
母の命の
保たれて
しばし帰らむ
なす可くをなさむ
posted by 碌 at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

母に見えて

みちのくの
母に見えて
安堵せり
気を強く持ち
生きんとぞす
posted by 碌 at 19:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 句、歌など | 更新情報をチェックする