2009年07月25日

矢川緑地から拝島大師辺り

今日は昼前に部屋を出て、立川から矢川緑地を起点に、国分寺崖線を拝島まで遡りました。矢川緑地は立川の南側にでて西側、国分寺との境付近にあります。説明するよりも画像で見て頂いたほうが早いです。
090725_124702.jpg 090725_124734.jpg 090725_124851.jpg 090725_125205.jpg 090725_125500.jpg 090725_125345.jpg 090725_125907.jpg 

根川の源頭から空堀川に入った国分寺崖線です。
090725_135837.jpg   

昭島の諏訪神社湧水です。
090725_152131.jpg 090725_151902.jpg 

向かいの阿弥陀寺の池ですが、多分湧水が水源。
090725_152618.jpg 090725_152642.jpg

拝島大師の風景と大日堂下、日吉神社下の湧水他です。
090725_160635.jpg 090725_160444.jpg 090725_160459.jpg

090725_161013.jpg 090725_160908.jpg 090725_161425.jpg 
090725_161541.jpg 

午前中は雨がぱらついてましたが、午後から夏空となり、すっかり前だけ焼けてしまいました。
本日のウォーキングの距離は10km超、時間は4時間半でした。

posted by 碌 at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 湧水 | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

立川、根川緑道など

今日は一日立川探索と決め、駅の南側から一旦市役所方面へ向かい、国立との境を抜けて甲州街道に達し日野橋へ出ました。

090720_121558.jpg 090720_122001.jpg 090720_121615.jpg 090720_122018.jpg

その後日野橋を戻って東詰の下に降りて「根川緑道」を水源に向かって散策しました。立川と言えば「矢川緑地」 の方が有名です。国立の境を歩いたときに近くを通り過ぎたのにその時には気づかず、自宅に帰って地図を見て思い出し、寄れば良かったかななどと思いました。
さて本題の「根川緑道」ですが、散策がしやすいようにかなり人工的に造り込まれてますが、小魚やザリガニ、鯉、鴨など生息している生き物が多く、市民に潤いを与え子供達の格好の遊び場となっています。歩いていても大変涼しいです。噴出しているのが湧水口です。残堀川と出会った所に有ります。根川は旧残堀川の河道だそうです。鯉は帰り道で撮りました。

090720_122841.jpg 090720_124541.jpg 090720_125050.jpg  090720_125529.jpg 090720_130238.jpg 090720_130254.jpg 090720_130541.jpg

駅に戻ってからは、立川でも香を売っている所が無いかと、北口に抜けて百貨店を回りました。伊勢丹、高島屋、また伊勢丹と回り、伊勢丹6階のアロマグッズコーナーと瀬戸物コーナーに少し置いて有りました。駅上のルミネを覗くと無印良品にもPBが置いて有りました。当然のことながら帰りに福生の西友の無印良品にも置いて有りました。ただルミネの無印良品と値段が違っていたような気がしたのが腑に落ちません。結局立川では11時から6時間近く時間を過ごしました。
転職完了まで後二週間を切り、健康のために毎日歩き回っていますが、日に焼け過ぎるのが困ります。明日も立川に行くか寄るかも知れません。

posted by 碌 at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 湧水 | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

富士吉田市

Image183.jpgImage184.jpg今日は朝から富士吉田市近郊回りです。来るだけで110km超ですから大分距離が伸びそうです。
富士吉田は流石に麓だけあって、商店街からは富士山が眼前にそびえ立ちます。

名物は湧水とうどんでしたっけ…。
ただし商店街の錆びれようはひどく、開いているのは三割位でしょうか…。アーケードもボロボロです。
支店の近くにはこれと言って見るべきものも無いようですが、月江寺という禅寺が近いようですから、時間が有ったら行ってみたいと思います。
二枚目の画像は西桂町から三ッ峠(多分)を望んだものです。
posted by 碌 at 11:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 湧水 | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

大雪?明けて、冬季間の降雪の話

 二年振りの積雪イコール大雪ということですが、確かに都心部の積雪が有ればそうなってしまうのも止むを得ません。秋田出身の私は、実家は農家ではないのですが、地域柄農業に関わる天気予報などの情報が多いため、冬季間の特に山間部への積雪が少ないと梅雨の時季まで田んぼの水が足りるか心配になります。日本の農業はほとんどと言っていいほど冬季間の山間部への適度な積雪の恩恵を被っているのでは無いでしょうか。
 秋田内陸部の六郷の湧水群などはその影響が顕著です。夏場枯れることは無いですが、雪代と田んぼに張られた水により水位が豊かになります。清水の水は稲作だけでなく、飲用、サイダー、素麺作り、豆腐作り、酒などの醸造にも直接利用されます。実に食生活に、直接、間接に豊かな恵みをもたらしてくれます。ここ3~40年の温暖化による降雪量の現象は、直接見聞はしていませんが、稲作や地場産業に影響を及ぼしていることと思います。少なくとも味に変化は出ていると思います。
posted by 碌 at 11:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 湧水 | 更新情報をチェックする